離婚についての基礎知識

離婚についての基礎知識

離婚についての基礎知識記事一覧

近頃では、離婚する夫婦が増えているようです。その理由として多いのが、夫婦共働きなのに妻のほうが家事や育児、仕事などの分担が多く、身体や精神が疲れてしまい、一人で暮らしたほうが楽だというケースや、夫や妻が会社などで愛人を作り、家庭が崩壊するということがあります。そのため、シングルマザーになる女性も多く、生活の基盤が出来ていない場合には、生活保護を申請することもあります。子供がいる場合には、圧倒的に妻...

自分のことは、よく分かっているようで、意外と分かっていないものです。円満な家庭生活を送ってきたつもりが、ある日突然、別れを切り出されるというケースは珍しいことではなくなりました。定年退職し、ようやくこれから夫婦として向き合って生活していこうと思った矢先に、退職金と年金の半分を請求され、別れることになったという話は決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる話だと思った方が良いでしょう。まずそのことを認...

結婚してはじめてわかることは色々あります。生活リズムのズレも、新婚ラブラブのうちはお互いに見逃してしまうものかも知れません。しかしながら、徐々に新しい生活に慣れてゆく中で、お互いに口に出せない違和感が積もれば積もるほど相手への不満となってしまいます。PCやスマホ・携帯を駆使して、やろうと思えばいつまでも仕事漬けに慣れる環境が、かえって身近な人達との繋がりをブロックしてしまうのでは本末転倒です。そこ...

円満な家庭生活を送っているとばかり思っていたのに、ある日突然に離婚を切り出され、わけが分からず途方に暮れるケースが非常に増えています。しかし、結論から言えば、全く理由がないのに、離婚を切り出されるといったことは起こりえません。必ず理由があり、その兆候があります。大切なのは、兆候を見逃さないことです。例として、ご主人の帰宅が毎晩遅いとしましょう。あなたが寝ている時にこっそり帰ってくる、翌朝もあなたが...

誰もが結婚に憧れ、大好きな人と一生の愛を誓い結婚をします。結婚をしたあとでも実家の近くに住む人は多く、結婚前と変わらずに毎日実家にいく人もいます。夫婦で揃って実家にお世話になり円満な関係が続けば問題はありませんが、実家に依存しすぎている実家依存症の場合離婚の原因になる場合があります。日中家にいるこがなく常に実家にいることで結婚したにも関わらず家の掃除や料理をしないことが問題となります。実家の両親に...

結婚生活も何年にもなると、夫婦でも空気のような存在になってきます。お互いにときめくことも少なくなり、子供を中心とした生活になりがちです。そのため、夫や妻が会社やパート先で、異性と出会い、不倫をしてしまうケースも少なくありません。このような問題は、どこの家庭も抱えていることであり、不倫に走らない夫婦も沢山います。このような夫婦の溝を埋めるためには、スキンシップも必要です。別にベタベタと身体に触ること...

夫婦としてうまくいかなくなってしまった時には、原点に返って二人の関係を見直してみるとよいでしょう。一緒に長く生活を送っていると、どうしてもお互いに対しての遠慮がなくなってしまいます。お互いに気を使わないのが当たり前になってしまう為、感謝の気持ちもなくなってしまいますし、やってもらって当たり前の状態になるため、不満も生まれやすくなってしまうのです。この状態で生活を共にしていれば、気が付かないうちに関...

最近では、結婚しても家庭には入らず、仕事を続けながら、家事や育児をこなす女性が増えています。そのためか、電化製品も便利になり、電子レンジや全自動洗濯機は勿論ですが、自動で勝手に掃除をしてくれるロボットなども開発されており、家事の負担を減少することが可能となっています。また、インスタントやレトルト食品なども沢山種類が発売されており、買い物に行くのが大変な時には、インターネットを利用すれば、簡単に買い...

結婚すれば、釣った魚に餌をやる必要は無いとばかりに、妻に対して暴言を吐いたり、暴力を振るったりする夫もいるようです。このようなことから、離婚に至るケースも、最近では増えているようです。近頃の男性は、随分と優しく、温和になりましたが、昔の男性は、妻は常に夫を立てるものだという考えを持つ人もいるようです。そのため、夫を尊敬して、家庭をしっかりと守れという考えから、妻に厳しく当たる男性も多かったようです...

最近、彼女と毎日喧嘩をするようになり、互いの関係はめっきり冷めてしまっています。彼女から別れ話をされとてもショックを受けました。いつ別れてもいいとは思っていましたが、言われて初めて彼女に対しての愛情があることに気づき、何とか愛情を取り戻せないかと悩むようになりました。悩んでいても仕方がないので、行動をおこして、何とか彼女の愛情が戻るように努めました。その中で、自分がこれまで彼女に対しての感謝の気持...

夫婦のどちらかに不貞行為があった場合は、離婚事由として認められます。しかし、法的に認められるものは、複数回の性行為があった場合とされているため、デートをしただけや、手をつないだだけ、キスをしたなどの行為はすべて不貞として認めることは難しくなります。不貞として認められる証拠としては、ラブホテルに出入りする写真や動画、ラブホテルの領収書、もしくはホテルを利用したときのクレジットカードの明細書、ホテルを...

不貞行為とは、簡単にいえば「性行為があった」ということになります。そして、この行為があったことが認められれば、離婚事由として立証することができます。ただし気を付けなければいけないことは、あくまでも複数回の性行為があったと認められる証拠が必要となるということです。たとえば、夫が不倫をしていて、そのことが原因で妻が離婚を申し立てたい場合、夫が不倫していた事実を認めるか、その証拠をあげなければなりません...

突然おしゃれに気を使いはじめたり、携帯電話を常に持ち歩いたり、休日に知らない所へ出かけることが多くなったなどパートナーの不審な行動によって浮気を疑ってしまう事柄は様々あります。その後、調査等をしてパートナーを問いただして不貞を認めた場合、法律的に制裁を与えるには不貞の相手との肉体関係の有無が関係してきます。パートナーに怪しい行動があったとしても、2人きりではあるが食事に行っていただけとか、頻繁に電...

離婚の理由のひとつに不倫や浮気があります。不貞行為とは婚姻関係にあるものが自由な意思に基づいて、妻または夫以外の異性と性交渉をおこなうことを言います。1回限りの性交渉でも離婚の原因になりますが、短期間の不倫や浮気の場合は、一時の気の迷いとして裁判で認められなかった事案もあるので、いちがいに離婚の理由にはならないということが実情になります。裁判で原因として認められるのはある程度継続的に肉体関係がある...

離婚を前提に別居している方、家庭内別居している方が増えています。この別居中に絶対に気をつけて欲しいことがあります。離婚が前提の別居だからといって、新しいパートナーとのお付き合いはくれぐれも慎重になるべきであるということです。今の配偶者はあくまで籍に入っているだけ、いずれ離婚するのだからという気持ちで新しいパートナーとお付き合いしたい気持ちは分からなくもありません。しかし、ここに大きな落とし穴があり...

「有責配偶者」とは、婚姻関係を継続することができなくなった原因を作ったほうの配偶者のことをいいます。このような原因としては、配偶者がありながら他の異性と不倫関係を結んだ場合が代表的ですが、収入があるのに生活費を渡さなかったり、嫁姑のいざこざに加担して家庭生活を破綻させたといった場合なども含まれます。夫婦間の協議離婚が円満に成立するような場合を除き、このような離婚の原因を作った側の配偶者からは、原則...

パートナーの浮気を知った時、多くの人が慰謝料を請求するかどうかを迷います。相手に法的責任を取らせたいと思いながらも問題を先延ばしにしてしまい、気が付いたら時効まで間もないということも珍しくありません。不貞行為の慰謝料請求には民法で定められた時効があります。基本的にはその事実を知ってから3年以内でないと請求することができなくなります。請求権が消滅してから慌てても、その件に関してアクションを起こすこと...

不貞行為の和解契約書を一般的には不倫示談書といいます。これを作るのは「後日の慰謝料の支払いを担保するため」と「一度合意した示談内容の他には請求をしない・されないことを保証するため」です。示談書に記載する内容は以下のようなものがあります。まずは不貞関係にあった当事者の氏名、不貞関係の事実、不貞関係で発生した損害の内容(離婚、病気の発症や治療、自殺未遂、堕胎など)などの事実関係を明記します。次に慰謝料...

配偶者の浮気問題は年々増加傾向にあります。携帯電話の普及で簡単に連絡を取れる様になった事が浮気増加の要因の一つでしょう。夫の浮気は勿論、最近は女性の社会進出に伴い、妻の浮気も増加しています。浮気問題で離婚に至るケースも増えています。配偶者の浮気問題で離婚になった場合、浮気されて方は配偶者と不倫相手に慰謝料を請求する事が出来ます。配偶者と不倫相手双方が証拠が無くても不倫を認めている場合はすんなりとお...

夫婦のどちらかが不貞を働き、夫婦関係が破綻した場合、不貞を働かれた方の配偶者は不倫相手に対し慰謝料を請求することができます。請求の方法ですが、不倫相手が不倫を認めていて、話し合いによって相手に損害賠償金を払わせることが一番平和的な解決方法です。調停や裁判に持ち込むと、時間や費用がかかります。また、裁判が続く期間には精神的な苦痛が伴うでしょう。相手が支払いに応じたら、示談書(和解契約書)を作成しまし...

夫婦の問題が深刻になってきて悩んでいる方が多くいます。男性と女性それぞれの視点からみる離婚は違いがあります。お互いが問題点にあげる論点が食い違うのです。これは、視点の違いから生じるズレとも考えられます。女性は、離婚によって社会的に弱い立場に置かれる考えと給付を受けられないと暮らしの不安があります。それゆえに、なかなか踏み切れない方がいます。いきなり断行されるケースもあるため、相手名義の財産が全てだ...

夫婦にも様々な形が有りますが最近では妻の方が収入の多い夫婦も決して少なくはなく、その際にはあまり金銭面で揉める事も多くは有りませんが、養育費となれば話は変わってきます。子供一人を大学まで育て上げるには多くて数千万円かかる事もあり、幾ら高収入でも子育ては別の話になってきます。そして幾ら自由なお金が沢山有ると言ってもいつ生活が困窮するか分かりませんので、基本的には養育費は払ってもらった方が、いざと言う...

浮気は文化だといった男性タレントがいましたが、あながち間違ったことでもないようです。女好きや女にだらしない人というのはもう余程の頃がなければ治らない病気であると見て良いでしょう。結婚前にそうだったのであれば、結婚後もその病気が続く可能性が高いと見て問題ありません。それでも好きだという人は俳優や芸人の妻のように腹をくくって割りきって一緒にいる必要があります。もう我慢できない、離婚したいという人にとっ...

結婚は誰もが憧れる人生で一番幸せな出来事です。大好きなパートナーと永遠の愛を誓い共に新しい家庭を築いていきます。そのときに大事なのが金銭面の認識の確認です。夫となる人の給料でやりくりをする場合や共働きの場合では生活費が異なります。またどちらが家計のやりくりするのかといった方法もパートナーと話し合い、決める必要があります。ごくまれに経済的余裕があるのに金銭面にはケチで釣った魚にエサを与えない男性もい...

結婚は誰もが憧れる人生で一番幸せなときです。大好きなパートナーと永遠の愛を誓い、共に新しい家庭を築いていきます。しかし結婚生活は幸せなことだけではなく辛いこともあります。また夫となる人とうまく結婚生活を送れない場合は離婚という選択を選ばなくてはいけない場合もあります。女性にとって離婚は精神的なストレスが多く、健康を崩してしまう人もあります。ですが独身生活を楽しんでいる女友達を見ると、結婚に縛られる...

一度は愛し合って夫婦となった二人。でも何かしらの理由で別れるケースもあるでしょう。手続きが面倒ですし、お子さんがいる場合は親権問題や養育費の問題など様々な諸問題が発生するので、できれば離婚は避けたいところです。しかし、そうはいっても諸事情で離婚ケースもあるでしょう。離婚のメリットとは何でしょうか。色々ありますが、特に女性にとっては様々なメリットがあります。そんな一つが旦那好みの気にしないで、自分好...

結婚をして夫婦生活を営んでいたけれど、何らかの理由で離婚することもあります。お互いが離婚に同意をすれば、ことは簡単にすすみます。しかし、世間体があるのでそう簡単には離婚できないというのが現実かもしれません。しかし、無理をして夫婦生活を続けたとしても、それはお互いのためになりませんし、精神衛生上もよくありません。お互い納得しているなら、離婚という形で結婚生活を終わらせることに問題はないのです。離婚を...

例えばの話し、結婚したとしても、夫が毎晩飲んで歩いて家に帰らず、一円もお金を入れてくれないのなら、たとえ、子供がいたとしても、それは離婚した方が良いでしょう。そして、離婚さえしてしまえば、バツこそ付きますが、そこから先は自由に恋愛をしても誰も咎める人はいません。勿論、新たな出会いを求めたって良いのです。 もし、離婚して、新しい恋が始まりそうなら、それは大きなチャンスとなるでしょう。そして、この次こ...

一度はお互いを尊重し、二人で幸せな家庭を築いていこうと決意、結婚という形に至った二人ですが、何らかの事情で離婚に至ることもあるでしょう。夫や自分の浮気だったり、家庭内暴力、価値観の不一致などその原因は様々です。また、離婚をしたいけれど、面倒と諦めている人もいらっしゃるでしょう。確かに面倒ですが、離婚後の新たな人生を考えれば、そんな手続きは簡単かもしれません。二人で一緒にいることが苦痛であって、それ...

何らかの理由により離婚する場合、ただ別れれば済むという単純な問題ではなく、様々な問題があるので、それらを慎重に見極めなければなりません。まずお金の問題です。財産分与、子どもがある場合はその養育費、年金分割などです。別れ方にもいろいろあって、協議、調停、審判、裁判などがあります。子どもがある場合、特に10歳未満の子どもだと、どちらが引き取るかという親権問題、監護権問題などがあります。家庭裁判所などで...

離婚をするときは精神的にも体力的にも大変なことになり、長引くと辛い日々が続いてしまいます。離婚話が長引くことで生じるデメリットは、調停離婚や審判離婚・判決離婚などをおこしている場合は、弁護士費用がかさむということです。調停離婚とは、親権・慰謝料・財産分与などの話がまとまらない場合、家庭裁判所に調停の申し立てをおこなうことになります。審判離婚は、繰り返しの調停にもかかわらず合意に至らなかった場合に裁...

結婚において一番大切なことは相手を大事にすることです。お互いに相手のことを尊重し常に感謝する心を持つことが結婚生活を続ける秘訣となります。結婚した相手はもとは他人のため、結婚生活を続けていく中で不満が出てくるのは当然のことです。その時は2人で話し合い、解決方法を見つければ問題ありません。大事なのは不満をためずに相手ときちんと話し合いお互いが納得のいく形をとることです。しかしながら話し合いがうまくい...

離婚が起こる原因として、互いの感情を整理できない事があります。それは、単に意見の相違だけではありません。どちらかが引くに引けない状態になってしまう事も珍しくはありません。そのような場合に離婚を防ぐ方法はどのようなものがよいのでしょうか。離婚話が長くなると、相手側が離婚を当然のものとして受け止めて、結論有りきの議論に終始しようとしまうことがあり、それにより復縁してもよいという気持ちを肯定できず、意図...

離婚話において、長期化する事は珍しくありません。それらの原因として、経済的な問題、子供についてなどもありますが、それ以上に問題をこじらせるケースとして、他者の介入というものが有ります。家庭中の話に、他の人が入ってくる事ほどややこしくすることはないといえます。それが、単に共通の友人であったり、会社の上司であればある程度は納得してもらえるので良いかもしれませんが、妻もしくは夫の家族同士の揉め事に発展し...

相手が離婚の話をしている時に、態度を決めかねていることは珍しくありません。何故なら、離婚はそれだけ大きな出来事であり、経済的な面や世間体、特に親族関係などに気を配らなければならないためです。また、子供がいる場合は、親権などによって最悪子供を相手方に持って行かれてしまう事もありますので、決断しにくいことかもしれません。もしも離婚について、優柔不断な態度を相手がとっている場合は、離婚に持って行くことも...

結婚をするときは誰もが人生で一番幸せであり大好きなパートナーと永遠の愛を誓い合います。しかし長い結婚生活を続けていく途中で結婚生活を存続させることが難しくなる場合もあります。そのときは離婚をする夫婦も少なくありません。しかし全く準備をせずに別れると後々後悔する可能性があるため、別れる前に調べておくことが重要なものがあります。まず詳しい人に相談する内容として財産分与と子供の親権をどうしたほうがいいの...

離婚を考えたときに、必ず相談しなければならないことが幾つかあります。まず最初に子供の親権者をどちらにするか、といったことが挙げられ、これを明確にしないと離婚することは不可能なので注意が必要です。分かれた後、父と母のどちらが子供の監護や養育をするのかを、冷静に相談するのが望ましいでしょう。次に挙げられる、離婚の際に相談するべきこととしては「姓をどうするか」といったことがあります。旧姓に戻す場合と、結...

"離婚というのはあくまで最終手段です。あなたが離婚を考え出したのには長年蓄積してきた怒り、不満、心の傷などさまざまな理由があることでしょう。しかし、漠然とした離婚願望ではうまくいきません。一度立ち止まって、冷静に自己分析してみましょう。何が原因でパートナーと別れたくなって、何よりも自分はこの決断を下して本当に後悔しないかどうか。あやふやな気持ちが後々問題を引き起こす一番の原因となります。離婚は自分...

離婚を考えてしまった時、即決するべきという意見も巷にはあるかもしれませんが、本来それはやめておくべきことと言えます。何故なら、離婚は夫婦だけの問題にならないことが多いためです。離婚において、子供がいない場合は幾分かシンプルとなりますが、それでも相手側の親との関係性や、仲人の方の面子を潰してしまうことになります。また、離婚後の経済的な不安などもあり、別れたいという気持ちが余程強くない限り、やめておく...

離婚には協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、和解離婚の5つがあります。夫婦の双方が話し合いをして合意する協議離婚を除いて調停や訴訟といった法的な手続きが必要となります。手続きは家庭裁判所に離婚の訴えをする前に、まず調停の申し立てをしなければなりません。家庭裁判所の中にある調停委員会が担当して冷静で客観的な判断を提供して、双方の納得した合意に基づく解決が望ましいためで、「調停前置主義」と呼ばれて...

夫婦が離婚する原因の一つに、夫や妻の不倫問題があります。既婚者なのに、外に愛人を作ってしまい、家庭が崩壊するケースも沢山あるようです。特に、最近多いのが、妻が子供が出来ず、愛人に子供が出来てしまい、妻と別れて愛人と暮らしたいという希望を持つ夫もいるようです。長年、不妊治療をしていても、妊娠することが出来ないのも精神的にも辛いですが、夫が愛人を妊娠させてしまったということも、妻にはかなりのダメージと...

近頃ではいろんな理由から離婚をするケースも増えています。特に夫が働かない、収入を家に入れないなどの問題や、妻が家事や育児をしないなどの様々な離婚理由があるようです。そのような理由で離婚した場合には、夫や妻のいずれかが有責だった場合には、財産は責任の無い配偶者のほうが多くもらえるようになりますが、中にはその結果に納得出来ずに、財産を持ち逃げすることもあるようです。よく言われているのが、夫婦二人ならば...