1回限りの不貞の定義について

1回限りの不貞の定義について

1回限りの不貞の定義について

 

 

離婚の理由のひとつに不倫や浮気があります。不貞行為とは婚姻関係にあるものが自由な意思に基づいて、妻または夫以外の異性と性交渉をおこなうことを言います。

 

1回限りの性交渉でも離婚の原因になりますが、短期間の不倫や浮気の場合は、一時の気の迷いとして裁判で認められなかった事案もあるので、いちがいに離婚の理由にはならないということが実情になります。

 

裁判で原因として認められるのはある程度継続的に肉体関係がある男女関係になりますが、1回限りの肉体関係でも結婚生活が破たんするような場合は離婚の原因として認められるケースもあります。

 

不倫や浮気で異性と性交渉をもってしまって離婚に至る場合には、慰謝料を請求することができます。

 

離婚をしない場合でも慰謝料の請求をすることができますが、婚姻関係を続ける場合はあまり慰謝料の請求をおこなわないのが実情です。

 

また不倫や浮気相手にも慰謝料の請求をすることができます。

 

しかしすでに夫婦関係が破たんしていた場合は、その行為は離婚の原因にはならず,慰謝料の請求をすることができないです。

 

離婚を前提に別居している場合などは,婚姻関係が破たんしているとみなされるので、別居後に異性と肉体関係をもったとしても離婚の理由にはなりません。