別居中の不貞の定義について

別居中の不貞の定義について

別居中の不貞の定義について

 

 

離婚を前提に別居している方、家庭内別居している方が増えています。

 

この別居中に絶対に気をつけて欲しいことがあります。

 

離婚が前提の別居だからといって、新しいパートナーとのお付き合いはくれぐれも慎重になるべきであるということです。

 

今の配偶者はあくまで籍に入っているだけ、いずれ離婚するのだからという気持ちで新しいパートナーとお付き合いしたい気持ちは分からなくもありません。

 

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

 

このお付き合いが婚姻期間中の不貞行為と見做される可能性があります。

 

仮に相手に離婚の気持ちあったとしても、この事で、離婚を渋られる可能性があります。

 

それどころか、損害賠償請求、慰謝料請求に発展する可能性もあります。

 

こうなると話は非常にややこしくなります。

 

離婚に至るまで長期化するだけではなく、仮に離婚できるとしても損害賠償や慰謝料の支払いが伴うケースがあるのです。

 

しかも、この損害賠償や慰謝料はお付き合い相手に請求することもできるため、離婚が成立した後も、新しいパートナーと歩んでいくのは経済的に厳しい状況に追い込まれる可能性があるのです。離婚前提であるからといって、別居中の行動はくれぐれも慎重にしましょう。