離婚話が長引くことで生じるデメリットについて

離婚話が長引くことで生じるデメリットについて

離婚話が長引くことで生じるデメリットについて

 

離婚をするときは精神的にも体力的にも大変なことになり、長引くと辛い日々が続いてしまいます。

 

離婚話が長引くことで生じるデメリットは、調停離婚や審判離婚・判決離婚などをおこしている場合は、弁護士費用がかさむということです。

 

調停離婚とは、親権・慰謝料・財産分与などの話がまとまらない場合、家庭裁判所に調停の申し立てをおこなうことになります。

 

審判離婚は、繰り返しの調停にもかかわらず合意に至らなかった場合に裁判所で審判をおこなうことを言います。

 

判決離婚は、話し合いがつかず裁判所の審判にも異議申し立てをおこなった場合のことを言います。

 

長引けば長引くだけ金銭面の負担が大きくなるので、どこかでお互い折り合いをつけて話を決着させることが必要になります。

 

親権争いは長引いてしまうと子供の精神状態も不安定になるので、子供の利益になるような判断をして早い目に決着をつけた方が良いです。

 

裁判を起こしてしまうと近所の体裁なども悪くなることもあるので、その辺を良く考えてから裁判を起こしたほうが良いです。

 

協議離婚はどうしても本人同士の話し合いになるので、長引いてしまうと精神的ストレスがかなり大きくなるといったデメリットなどがあります。