不倫相手への慰謝料請求の方法について

不倫相手への慰謝料請求の方法について

不倫相手への慰謝料請求の方法について

 

 

夫婦のどちらかが不貞を働き、夫婦関係が破綻した場合、不貞を働かれた方の配偶者は不倫相手に対し慰謝料を請求することができます。

 

 

請求の方法ですが、不倫相手が不倫を認めていて、話し合いによって相手に損害賠償金を払わせることが一番平和的な解決方法です。

 

調停や裁判に持ち込むと、時間や費用がかかります。また、裁判が続く期間には精神的な苦痛が伴うでしょう。

 

相手が支払いに応じたら、示談書(和解契約書)を作成しましょう。両者が署名捺印をしておけば、相手が後で支払いを拒んだときにも法的拘束力が生じます。

 

 

相手が話し合いに応じない、または相手に会いたくない場合に最初に行うのは、内容証明郵便による請求です。

 

 

不倫相手に「支払いに応じないのであれば法的手段に訴えます。」ということを相手に知らせ、心理的にプレッシャーを与える手段になりますが、文面の内容を間違えると脅迫になってしまいます。

 

脅迫をした事実が残ると、賠償金を回収できなくなります。内容は法律家に依頼し、相談しながら作成した方が無難です。

 

 

内容証明にも不倫相手が応じない場合、不倫相手の住所での簡易裁判所で調停が行われます。

 

 

調停で話がまとまったならば、裁判と同じ法的拘束力を持つ調停調書が作成されます。相手が支払いを実行しなかった場合には、強制執行することができます。

 

 

調停でも話し合いが折り合わず、不調に終わった場合には地方裁判所において訴訟を起こすことになります。

 

 

調停でも裁判でも、「不貞の証拠」が必要になります。

 

ラブホテルに二人で入って行く写真などは不貞を行った証拠として有力なものです。探偵社や興信所に依頼すればこのような証拠は集めてもらえます。