不貞行為について

不貞行為について

不貞行為について

 

 

不貞行為とは、簡単にいえば「性行為があった」ということになります。

 

 

そして、この行為があったことが認められれば、離婚事由として立証することができます。

 

 

ただし気を付けなければいけないことは、あくまでも複数回の性行為があったと認められる証拠が必要となるということです。

 

たとえば、夫が不倫をしていて、そのことが原因で妻が離婚を申し立てたい場合、夫が不倫していた事実を認めるか、その証拠をあげなければなりません。

 

そうしなければ、有責として慰謝料を請求することも難しくなります。

 

 

そのため、レストランで二人きりで食事をした、手をつないでデートスポットを歩いていた、キスをしていたという程度では離婚の理由とするのは難しくなります。

 

また、ビジネスホテルに出入りする写真や、一人暮らしの浮気相手のマンションに出入りする写真も、仕事の打ち合わせという理由になりえるため、浮気の証拠としては難しいものがあります。

 

 

離婚をすることができ、立証できる証拠としては、たとえばラブホテルに出入りするところの写真や動画、もしくはラブホテルの領収書やクレジットの明細、メールでの性交渉があったことを示唆させる内容などとなります。

 

それらが複数ないと、不貞として認めることは難しくなります。