相手が意地になっている場合

相手が意地になっている場合

相手が意地になっている場合

 

離婚が起こる原因として、互いの感情を整理できない事があります。

 

それは、単に意見の相違だけではありません。

 

どちらかが引くに引けない状態になってしまう事も珍しくはありません。そのような場合に離婚を防ぐ方法はどのようなものがよいのでしょうか。

 

離婚話が長くなると、相手側が離婚を当然のものとして受け止めて、結論有りきの議論に終始しようとしまうことがあり、それにより復縁してもよいという気持ちを肯定できず、意図的にないものにしようとする事も珍しくはありません。

 

冷静さを互いに欠く状態に陥ってしまうと意地になってしまい、互いの本当の気持ちを理解できないことも往々にある事と言えます。

 

このような状態に相手が陥っている場合、離婚を防ぐ方法としては、まず相手の緊張状態を出来るだけ緩和する取り組みが大切となります。

 

相手は結論を先に考えて議論をしているので、そこに含まれている感情、改善していくべき点を整理して今後どのようにすれば復縁できるかを考えるだけで相手の動機は薄れていきます。

 

無理やり怒っている状態になれば、相手としても何故怒っているのかがわかりにくくなってしまうので、そこを指摘するだけでも復縁をのぞみやすくなります。

 

また、相手の気持ちを出来るだけ理解するように努めることで相手の感情を改善することが可能となります。

 

その際には、必ず理詰めにはならないように、かつ感情論を抑えていくことが大切です。折れる姿勢をもって望むことが重要といえるでしょう。