離婚と慰謝料

離婚と慰謝料

離婚と慰謝料

 

夫婦が離婚する原因の一つに、夫や妻の不倫問題があります。

 

既婚者なのに、外に愛人を作ってしまい、家庭が崩壊するケースも沢山あるようです。

 

特に、最近多いのが、妻が子供が出来ず、愛人に子供が出来てしまい、妻と別れて愛人と暮らしたいという希望を持つ夫もいるようです。

 

長年、不妊治療をしていても、妊娠することが出来ないのも精神的にも辛いですが、夫が愛人を妊娠させてしまったということも、妻にはかなりのダメージとなります。

 

そのため、妻には充分な慰謝料を渡す義務があります。

 

愛人には、慰謝料なんて払わなくてもいいのではないかという考えの人もいるようですが、裁判になると、ほとんどが負けますので、きちんと妻には愛人と夫からお金を払わないといけません。

 

また、夫婦の共同の貯金や住宅があった場合には、妻の財産となるケースがほとんどです。

 

夫は納得しないかも知れませんが、そこまで精神的に追いつめられたのは妻であり、一生消えない傷を負ったことになります。

 

慰謝料や裁判などが出てくると、逃げ出そうとする愛人もいるようですが、やはり一組の夫婦を壊してしまったという責任は償わなければいけません。

 

妻にはきちんと謝罪して、お金を払うことが妻には救いとなります。

 

このような問題を回避するには、不倫をすることはいけませんし、子供がいないから別れるという関係ではなく、夫婦二人でも仲良く暮らす努力が必要です。