実家依存症とは

実家依存症とは

実家依存症とは

 

 

誰もが結婚に憧れ、大好きな人と一生の愛を誓い結婚をします。

 

 

結婚をしたあとでも実家の近くに住む人は多く、結婚前と変わらずに毎日実家にいく人もいます。

 

 

夫婦で揃って実家にお世話になり円満な関係が続けば問題はありませんが、実家に依存しすぎている実家依存症の場合離婚の原因になる場合があります。

 

 

日中家にいるこがなく常に実家にいることで結婚したにも関わらず家の掃除や料理をしないことが問題となります。

 

 

実家の両親に何もかも頼ってしまい夕飯が実家の両親が作ったものが毎日続くということがおこります。

 

 

一生の愛を誓い合って結婚したにも関わらず夫婦2人の時間があまりなく、実家への依存が深いことで問題になります。

 

 

結婚をしたら両親から独立し新しい家庭を築いていくのが理想です。

 

 

ですがそれができない場合2人の関係が悪化してしまう場合もあります。

 

 

大切なことは実家ではなく、結婚した相手と円満な家庭を築くことです。

 

 

子供を育て新しい家庭を築いていくことで新しい世代が誕生します。

 

 

実家が近い場合どうしても両親に頼ってしまう人が多いですがそのバランスは見極める必要があります。

 

 

また両親も子供の夫婦に顔を出しすぎるのはよくなく、控える必要があります。