簡単な気持ちで結論を出さない

簡単な気持ちで結論を出さない

簡単な気持ちで結論を出さない

 

離婚を考えてしまった時、即決するべきという意見も巷にはあるかもしれませんが、本来それはやめておくべきことと言えます。

 

何故なら、離婚は夫婦だけの問題にならないことが多いためです。

 

離婚において、子供がいない場合は幾分かシンプルとなりますが、それでも相手側の親との関係性や、仲人の方の面子を潰してしまうことになります。

 

また、離婚後の経済的な不安などもあり、別れたいという気持ちが余程強くない限り、やめておくべきことと言えます。

 

もし、子供がいる場合はより複雑な問題になります。

 

離婚によって親権を争うことにもなりますし、片親になってしまうことで子供に対して余計なストレスを与えます。

 

また、幼稚園などに入学してからも子供自身が片親であることに苦しさを感じてしまったりすることは珍しくありません。

 

また、別の人との再婚を考えた離婚もかなり複雑な問題を抱えます。

 

こういった場合の多くは不倫関係であることが多く、慰謝料などの問題も生じることになります。また、不倫をしている側は、実の親から最悪の場合、絶縁などを突きつけられることすらあります。

 

勿論、DVなどがある場合はすぐに離婚を考えるべきかもしれません。

 

しかし基本的には、離婚については結論ありきで話を進めるのではなく、しっかりと時間をかけて考えるべき問題だといえるでしょう。