高収入で社交的、お金があるから離婚出来るタイプの場合

高収入で社交的、お金があるから離婚出来るタイプの場合

高収入で社交的、お金があるから離婚出来るタイプの場合

 

 

夫婦にも様々な形が有りますが最近では妻の方が収入の多い夫婦も決して少なくはなく、その際にはあまり金銭面で揉める事も多くは有りませんが、養育費となれば話は変わってきます。

 

子供一人を大学まで育て上げるには多くて数千万円かかる事もあり、幾ら高収入でも子育ては別の話になってきます。

 

そして幾ら自由なお金が沢山有ると言ってもいつ生活が困窮するか分かりませんので、基本的には養育費は払ってもらった方が、いざと言う時の為にも子育てに為にも必要な事であり親の義務でもあります。

 

しかし養育費の定義としてあるのは生活に困窮した時に子育てに影響しない為に一方が支払う費用と有りますので、母親が実業家で社交的な人物であれば再婚の可能性の十分に考えられます。

 

そして母親が再婚して安定した収入が確保出来て生活が困窮する可能性が低くなり、再婚相手が子供を養育する権利を認めた場合には基本的には子育てするにあたり生活に困る確率が極めて低くなったと考えられますので、そこで改めて元夫とこれからの支払いに関して話し合う必要が有り、その時に支払いの必要が無いと判断されれば支払いが終了するケースも有ります。

 

しかし面会の権利は消滅する訳では有りませんので、子供が希望するのであれば子供に会わせなくてはいけません。

 

親権は無くなっても親には変わりありませんので、子供の意思を尊重しながら話を進めていかなくてはなりません。