思いやり!親しき中にも礼儀あり

思いやり!親しき中にも礼儀あり

思いやり!親しき中にも礼儀あり

 

 

結婚すれば、釣った魚に餌をやる必要は無いとばかりに、妻に対して暴言を吐いたり、暴力を振るったりする夫もいるようです。

 

 

このようなことから、離婚に至るケースも、最近では増えているようです。

 

 

近頃の男性は、随分と優しく、温和になりましたが、昔の男性は、妻は常に夫を立てるものだという考えを持つ人もいるようです。

 

 

そのため、夫を尊敬して、家庭をしっかりと守れという考えから、妻に厳しく当たる男性も多かったようです。

 

 

いわゆる亭主関白ですが、現在と違うのは、妻に手を出したりはしないことや、妻には家庭をしっかりと守ってもらうために、自分は身を粉にして働く一本筋の通った古い男性が多かったのです。

 

 

しかし、現代の男性の中には、妻には家事や育児、外で働くことを強制するのに、自分には甘く、気にいらなければ手を出す勘違いをしている人がいます。

 

 

これは亭主関白ではなく、ただのドメスティックバイオレンスです。

 

 

このような男性と結婚してしまった場合には、妻もどうしようも無く、離婚するしか逃れる方法はありません。

 

 

そのような男性も、まだ世の中には沢山いるようですので、結婚前にしっかりと相手の性格を把握しておく必要があります。

 

 

妻には働いて欲しいけれど、家事や育児もちゃんと分担するという夫ならば安心ですが、中にはパーフェクト妻を求めるとんでもない男性もいるのです。

 

 

そのような男性に引っかからないためにも、自分の将来をきちんと考えるようにしましょう。