女性にだらしない女好きタイプの場合

女性にだらしない女好きタイプの場合

女性にだらしない女好きタイプの場合

 

 

浮気は文化だといった男性タレントがいましたが、あながち間違ったことでもないようです。

 

女好きや女にだらしない人というのはもう余程の頃がなければ治らない病気であると見て良いでしょう。

 

結婚前にそうだったのであれば、結婚後もその病気が続く可能性が高いと見て問題ありません。

 

それでも好きだという人は俳優や芸人の妻のように腹をくくって割りきって一緒にいる必要があります。

 

もう我慢できない、離婚したいという人にとってはきちんと制裁とけじめを付けた上で別れることが大切です。

 

まず、出来ることなら興信所や探偵に依頼をして浮気の証拠を抑える手はずを整えてください。

 

証拠が固まった段階で浮気相手と配偶者を交えて離婚協議と慰謝料請求を開始します。

 

この際に必ず弁護士を交えて交渉を進めるようにしてください。弁護士という第三者を交えることで冷静な離婚協議をすすめることができます。

 

義理の両親への報告の際にも、弁護士を立ち会わせることによって情に流されずに競技を行うことが出来るようになります。

 

弁護士をフル活用して情に流されないように主導権と目標を持って交渉を進めることで未来が切り開けます。

 

しっかりとした医師を持って協議に臨みたいところです。