親が介在している場合

親が介在している場合

親が介在している場合

 

離婚話において、長期化する事は珍しくありません。

 

それらの原因として、経済的な問題、子供についてなどもありますが、それ以上に問題をこじらせるケースとして、他者の介入というものが有ります。

 

家庭中の話に、他の人が入ってくる事ほどややこしくすることはないといえます。

 

それが、単に共通の友人であったり、会社の上司であればある程度は納得してもらえるので良いかもしれませんが、妻もしくは夫の家族同士の揉め事に発展した場合、非常に面倒な問題に発展します。

 

 

上司や友人は結局のところ赤の他人かもしれませんが、家族にとっては血縁関係に在る者のことですので、離婚が大きく関係することは珍しくありません。

 

そして、人間は血縁関係に在る人をどうしても擁護しがちになってしまうので、問題がどちらに否があるのかをしっかり判断することなく、感情論で片付けてしまうケースもよく見られます。

 

特に、これらの問題は親が介在する時に起こりやすい事と言えます。どちらも大切に育てた我が子ですから、感情論による争いが強まることも無理は無いかもしれませんしかし、このような形で介入する事は、どちらかが悪にならなければ収まりがつかず、仮に離婚をその時は防げても火種を残しかねないと言えます。

 

 

一番健全な方法は、第三者と呼べる人を用意することです。

 

どちらかが悪いという形ではなく、どうすればよかったかという事を話しあうことで建設的に話を進めていくことが互いを不要に傷つけないことと言えます。

 

どちらかの家族ではない、仲介の出来る人を話し合いの席に用意することが大切となります。