離婚について

離婚について

離婚について

 

 

近頃では、離婚する夫婦が増えているようです。

 

その理由として多いのが、夫婦共働きなのに妻のほうが家事や育児、仕事などの分担が多く、身体や精神が疲れてしまい、一人で暮らしたほうが楽だというケースや、夫や妻が会社などで愛人を作り、家庭が崩壊するということがあります。

 

 

そのため、シングルマザーになる女性も多く、生活の基盤が出来ていない場合には、生活保護を申請することもあります。

 

 

子供がいる場合には、圧倒的に妻が子供を引き取りますが、最近では父親が子供を引き取る家庭も増えています。

 

 

これは経済的にも父親のほうが裕福であることや、面倒を見てくれる親が存在すること、妻が不倫をしていたり、家事や育児を放棄していた場合には、父親のほうに親権が渡ることがあります。

 

 

シングルファーザーもマザーも、仕事や家事、育児に追われて大変ですが、やはり夫婦で暮らすよりも、楽だという人も多いようです。

 

 

しかし、子供にとっては、両親が揃っているほうが良いという場合もありますので、簡単に別れてしまうのではなく、よく夫婦で話し合って、納得した上で円満な別れ方をするようにしたほうが良いかもしれません。

 

 

子供には、何の関係も無い問題ですし、身体的な虐待や、経済問題、借金などが無い場合には、もう少し考えてから別れたほうが良いですね。