慰謝料と財産分与

慰謝料と財産分与

慰謝料と財産分与

 

近頃ではいろんな理由から離婚をするケースも増えています。

 

特に夫が働かない、収入を家に入れないなどの問題や、妻が家事や育児をしないなどの様々な離婚理由があるようです。
そのような理由で離婚した場合には、夫や妻のいずれかが有責だった場合には、財産は責任の無い配偶者のほうが多くもらえるようになりますが、中にはその結果に納得出来ずに、財産を持ち逃げすることもあるようです。

 

よく言われているのが、夫婦二人ならば二等分に貯金をして、仲良く分ければ良いではないかということですが、実はこれには効力が無く、いわゆる人情的なものから生まれた言葉でもあります。

 

貯金はいくら夫婦がお互いに働いて貯めていたとしても、裁判などにならない限りは、口座の名義人のものとなり、そのまま自分のものにしてしまうろくでもない夫や妻もいるようです。
そのため、裁判で財産分与について争う必要が生じてくるのです。

 

この場合には、夫婦どちらかに非がある場合には、やはり分与に差をつけますが、どちらにも非が無く、価値観の違いや性格の不一致の場合には、平等に分けるケースもあります。
また、子供がいる場合には、親権者に多めに分与することもあるようです。

 

もし、不倫などで離婚した時には、不倫をしたほうが慰謝料を払う義務があり、財産も全て渡すことになることが多いようです。
財産などの金銭的な問題には、必ずと言っていいほどトラブルがつきものですが、やはり長年夫婦として連れ添ってきたのですから、お互いに譲り合って納得した形で離婚したいものですね。