離婚と両親と子供

離婚と両親と子供

離婚と両親と子供

 

離婚が子供にとって大きな影響をあたえることは言うまでもありません。

 

また、その原因がDVなどであると、より大きな爪痕を残してしまうとされています。

 

そもそも、両親にはそれぞれ、母親役割と父親役割があるため、どちらかが欠けてしまうとバランスが悪くなります。

 

そのため、一部は正常に発達していても、別の部分はまだ幼い事もよくあります。

 

また前述したように、原因がDVなどであると、子供が家庭を守ろうとする防御反応を引き起こすため、アダルトチルドレンになる素養ができてしまったり、別れた後、児が発達障害や多動性障害などである場合、DVが更に悪化する事が多いと言われています。

 

また、成人後に精神疾患のリスクなどを上昇させる事があるという研究もあります。

 

 

そのため、両親が離れる際には、子供がある程度落ち着いている段階で行うか、出来るだけ円満な形で別れるようにする必要があります。

 

幼児期や学童期の経験はその後の発達に大きな影響を与えますので、注意しなければなりません。

 

また、別れてしまった親に会いたいという訴えがある場合は、DVなどのリスクがない場合は基本的に会えるように環境を整えてやることが大切だといえるでしょう。

 

片親ということで、肩身の狭い思いをする場合もあるとされているので、出来るだけ傷つかないように配慮することが大切になります。

離婚と両親と子供記事一覧

離婚や家庭内暴力などは、単に夫婦を引き裂くという事にすぎないことが有ります。それは、子供がいる場合の話です。もしも、我が子がこのような家族の事情に巻き込まれたという場合、必ず行わなければならないこととして、心のケアがあります。何故、心のケアを行わなければならないかですがその理由として、まず幼児期から学童期、思春期にかけては外部の刺激に敏感であり、様々な出来事によって大きな影響を受けることが珍しくあ...

10歳未満の子どもを持った若い夫婦が離婚した場合、よほどのことでない限り親権者は母親になります。お互いに遠く離れて再び会うこともなければ問題はないのですが、夫が近くにいて定期的に子どもと会う機会を持った場合は、色々な問題が起きます。特に子どもが父親が好きだったりした場合、別れ際に、両者が泣き出すということもあります。こうした場合一番困るのは、これが元で子どもが情緒不安定になったり、母親に反抗したり...