子供の心とケアの必要性

子供の心とケアの必要性

子供の心とケアの必要性

 

離婚や家庭内暴力などは、単に夫婦を引き裂くという事にすぎないことが有ります。

 

それは、子供がいる場合の話です。

 

もしも、我が子がこのような家族の事情に巻き込まれたという場合、必ず行わなければならないこととして、心のケアがあります。

 

 

何故、心のケアを行わなければならないかですがその理由として、まず幼児期から学童期、思春期にかけては外部の刺激に敏感であり、様々な出来事によって大きな影響を受けることが珍しくありません。

 

衝撃的な出来事であればそれが心の傷となり、生涯にわたって引きずる事があるとさえ言われています。

 

早期のうちにケアすることでそれらを予防することは重要といえるでしょう。

 

 

またこの時期の児童は、抱えている苦しみをなるべく言わないようにしてしまいます。

 

それは、他者も同じように傷ついている事を認識しているためです。

 

ですので、ケアを行う立場の人は、出来るだけ悩みを吐き出してもらえるよう、努めなければなりません。児童は非常に我慢強く、しかも家族の問題に敏感で、隠し通す事は非常に困難です。

 

仮に嘘をつくと、その後の発育に大きく影響を与えますので、事実はしっかりと伝えて、心のケアを重点的に行い、気持ちに寄り添うようにするべきといえるでしょう。"